あれとこれ株式会社

世界中で注目され、様々な立場からDX,デジタルツインが語られており、一部の企業では実装の事例紹介やソリューションサービスなど目に触れる機会が増えてきております。
デジタルツインについて簡単に説明するのであれば「現実世界のモノをデジタルで表現した双子」
「未来に発生する事象をデジタル世界で予測し、新しい付加価値を生み出すもの」と言えます。
例えば製造工場や工作物にある機器などの設備、物理的な「モノ」の状態、置かれている場所の温度、湿度、使用頻度、操作頻度など状況のデータを収集、分析、消耗具合からメンテナンス時期の検討、将来的な故障を未然に防ぐことが可能になります。
住宅に置き換えるのであれば、外壁、屋根、内部設備、家族構成変化に応じた改修時期をユーザーに提案することも可能になります。
このように、その企業で必要とする粒度、場面で活用することができます。
デジタルツインを実装するには「モノ」と「デジタル」設計、製造、保守サービスに至る製品のライフサイクル全体までをデジタル化しトレーサビリティを実現するデジタルスレッドが合わさる必要があります。
「デジタル」のもとになる3DCADデータ、点群データにおいては、BIM化が進み業務として扱っている企業も多くなりました。しかし今だ多くの企業では、人材不足、コスト、習熟時間、オブジェクト不足から浸透していないと言えます。
企業のDX促進している最前線で不足しているリソースを補填することが、デジタルツインの躍進につながると考え、導入初期時につまづきやすい部分をサブスクリプションによるサービスとして提供させていただきます。
「3DCADによるモデリングでDX/デジタルツインサポート」
「3Dスキャナーによる測量サービス」
「3Dプリンターformlabs Form3レンタルサービス」

あれとこれ株式会社では日々更新されていく新しい技術や知見を柔軟に取り込みながら、企業の発展を使命とし伴走いたします。

      

商品情報